WATERPROOF止水・防水・防食工事

止水工事

TAPグラウト注入工法

上水工事の歴史を変える!

TAPグラウト注入工法

FEATURE /特徴

  • 注入液が深くまで届く
  • 水と注入液を置換する
  • 二次漏水を防止する
  • 工期が短い
  • 特殊注入プラグ(O-プラグ)で注入圧力を安定(保持)する
  • 継続的に安定した止水効果を得る
  • 止水跡が目立たない

TAPグラウト工法とは

TAPグラウトエ法は、今までの上水工法の歴史を変えます。
今までのコンクリート構造物の上水工事は、手押しボンプなどで注入液を注入するか、 急結セメントで止水する方法等といったコンクリート表面のみの処理でした。

この為、コンクリート構造物内部に水が存在している状況が続き、新たに他の水の道より漏水が発生する可能性がありました。
高圧注入止水工法”TAPグラウトエ法”は、
コンクリート構造物中に存在している水の道へ“TAP注入機"を用いて“タップグラウト注入液"を、継続的に高圧力をかけ充填します。
従って、コンクリート躯体内に存在する空隙(隙間)や水は、注入止水材に置換されます。

また、穿孔部内は加圧域となりますが、 注入孔に着脱が簡便な逆止弁付注入用プラグ“0-プラグ"を設置することで作業能率がはるかにアップします。

高圧注入止水工法TAPグラウトエ法"は止水効果はもちろんの事、密度や耐久性向上、施工性及び経済性さらに美観上からも画期的な工法です。

TAPグラウト工法

適用箇所

地下構造物の打継ぎ、コールドジョイント、クラック、豆板(ジャンカ)、セパレーター、H鋼廻り等のコンクート貫通部他。

建築:水槽、ビット、プール、地下駐車場及び地下内外壁・床・天井
土木:トンネル、共同溝、ダム、橋桁、カルバート、海洋構造物 他

※海水でも反応して団結します。 

施工写真

漏水穿孔状況

漏水穿孔状況

注入状況

注入状況


施工後

施工後

施工前

施工前


施工後

施工後


ウォーターバックSR注入工法

大型建築物(学校・病院・ビル・マンション)でよくあるシンダー押えの防水の劣化による漏水は、 弊社のウォーターパックSR注入工法により簡単に短時間で止水できます。
屋上全面改修の場合、ご予算がかなりかかるため、 局部の漏水の場合は安価で確実に漏水防止することが出来ます。

現場状況により、屋上側からでも室内側からでもどちらからでも施工が可能です。

施工写真

屋上穿孔状況

屋上穿孔状況

注入状況

注入状況


施工前

施工前

施工後

施工後


防水工事

塩ビシート機械的固定工法

下地が傷んでいても大丈夫!

塩ビシート機械的固定工法(塩ビシート絶縁工法)の特徴は下地が傷んだままでも、簡単な下地処理で施工できます。
耐久性に優れているのも塩ビシート機械的固定工法の特徴です。

また、屋上下地とシートの間に空気層をいれる絶縁工法になりますので、屋上防水の後によく起こる膨れの心配もありません。

施工写真

施工前

施工前

施工後

施工後


ウレタン防水

施工部位を限定しない工法です!

ウレタン防水材を塗りつける工法です。
ウレタン防水材が化学反応して硬化するとゴム状で弾力性のある一体性のある美しい防水層が出来上がります。
工法によって補強シート・通気緩衝シートなどと複合構成させたり、仕上げに遮熱機能を与えたりして利用できます。
狭い部分や複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水層を形成できるのが特徴です。
そのためウレタン防水は、建物屋上・開放廊下・階段室・ベランダ・ルーフバルコニーなどあらゆる場所に施行され、様々な使用目的に対応できます。

施工写真

施工前

施工前

施工後(防滑シート重ね貼り)

施工後(防滑シート重ね貼り)


防食工事

総合ライニングシステム工法全般

建築構造物・土木構造物における硫化水素・塩素・各薬品に起因する化学的浸食による
コンクリート構造物の腐食抑制を目的とした防食・ライニング工事の設計・監理・施工などのすべての業務を行っております。

また、近年増加傾向にある有機酸やオゾン樹脂による腐食や環境ホルモンにも対応した工法提案もさせていただいております。